2016年5月29日日曜日

おうちで実験

上の子も小学校3年生になって,学校で理科の授業もはじまったので,ちょっとは興味を持ってもらおうと,台所でできる科学実験にチャレンジしてみた。

まずは,参考書を昨日図書館に行ったときに借りてきた。
とりあえず,今回は図書館でふと思いついたことだったので,図書館の本で済ませてしまったけど,今後のことを考えると,1冊くらいは買っておかないと。(ただ,今日熱田イオンの本屋に行ってみたんだけど,家庭で実験というような本が1冊もなかったのが残念。)

で,子どもに何をやりたいか聞いてみたところ,入浴剤づくりをしたいということだったので,まずは入浴剤づくり。
重曹とクエン酸を混ぜて,オリーブオイルを加えてさらに混ぜる。
100均で買ってきた製氷皿に入れて固めるだけ。
後から考えたら,製氷皿じゃなくても適当な容器でよかった気がする。

続いて,下の子と一緒に,炭酸飲料づくり。
重曹水とクエン酸水を用意して,混ぜるとあら不思議。シュワシュワと泡が出て炭酸飲料に。
ただ,あらかじめ重曹水とクエン酸水を作るときに,ブルーベリージャムを入れておくと,
左:重曹水+ブルーベリージャム 右:クエン酸水+ブルーベリージャム
あら不思議,色が違う。まあ,子どもたちはまだ酸とかアルカリとか習っていないので,「へぇ~」くらいの反応だけど,そうか,ブルーベリージャムでもアントシアニンの反応できるんだ。
で,混ぜると,

うーん,色の変化はいまいち。まあ,でも泡はちゃんと出て飲めました。クエン酸の味だけど。

※ちなみに,重曹はちゃんと食品用を使っています。

Windows 10 1511再チャレンジ

Think Pad X1 Carbonで,以前Windows 10 1511にアップグレードしたら,ネットワークにまったくつながらなくなり,アップグレードを取り消す羽目になるというトラブルに遭っていた。

その後,しばらくたっているし,もうすぐ次のアップデートが出そうなので,もういちどチャレンジ。
今度は特に問題なくビルド10586.104にアップデートできたみたい。
よかったよかった。

2016年5月5日木曜日

Minecraft始めました

今さらながら,Minecraftを始めてみた。
子どもも楽しめるかな?と思って始めてみたけど,子どもだけじゃなくて自分自身がどっぷり。
この連休後半は,子どもたちはおじいちゃん・おばあちゃんの家に泊まりに行っていたので,どこにも出かけずMinecraft。

とりあえず,何をするのかわからなかったので,Minecraft Japan Wikiを見ながら,ボチボチと。
とりあえず,最初の拠点は砂漠・メサ系のバイオームだったので,しばらくすごした後は,ボートを作って移動し,第2の拠点を構築。

最初の拠点で,家の地下を掘りまくって丸石を山のように持っていたので,第2拠点は石造りに。
なんとなく,石造りといえばお城かな?だけど,いきなりそこまで大規模なのは大変なので,砦風に。最終的に,塔を作ってみた。
畑,牧場を作って自給自足できるように。


その後,また別の第3拠点を岩山のてっぺんに建築したあと,またそれとは別の山の上に第4拠点を建築。
第4拠点は,家にしてみようということで,シラカバ材の木造2階建てに。ただ,山の上なので,登るのが大変。その内,ルートを作らないと。

今のところ,建築中心。採掘も,「ブランチマイニング」という手法を知ったので,素材集めは何とかなりそう。

あと,レッドストーンというMinecraft内で論理回路を作れるしくみについては,とりあえず素材としてのレッドストーンは集めて,ちょっと試してみたところ。クロック回路を作って,いわゆる「Lチカ」みたいなものを作ってみただけ。あと,高度なパーツを作るためには,希少度の高い素材を集める必要がありそうなので,ちょっと大変そう。
面白いんだけど,これは子どもに説明するのは難しいなあ。

コンピュータ上でブロックって面白いのか?と思っていたけど,これは面白い。リアルなブロックでは,材料の限界がすぐ来てしまうけど,Minecraftなら材料はほぼ無限。(自分で集める必要があるけど)

最後に,第2拠点の塔のてっぺんからの眺め。

2016年3月6日日曜日

PCリニューアル その2

その1で組んだPC,今回の主目的の一つは,ストレージの高速化。
というわけで,各ドライブのベンチマークを取ってみることに。使ったのは,定番のCrystalDiskMark 5.1.2

まずは,いつから使っているかよくわからないSATAの500GB HDD。
Hitachi HDP725050GLA360
Hitachi HDP725050GLA360
まあ,こんなもんですかね。よくわかりません。それにしても,ランダムアクセスだとやっぱり遅いなあ。
次に,1年ちょっと前に買ったSATA(6Gbps) SSD 256GB。
TOSHIBA THNSNJ256GCST
TOSHIBA THNSNJ256GCST
うーん,さすがSSD。速いねえ。HDDとは比べものにならない。これはもう,HDDに戻れなくなるわけだ。なんといっても,ランダムアクセスでも速いっていうのが体感速度の向上につながっていると思う。
最後に今回の目玉,PCI Express接続のSSD。
Samsung SSD 950 PRO 256GB
Samsung SSD 950 PRO 256GB
うーん,何この暴力的な速度。シーケンシャルリードなら,2GB/sec越えですか。
というわけで,SATAとPCI Expressの違いはやっぱり大きいということで。まだ,それほど大きなソフトをインストールしていないのですが,それでも体感できるだけの違いはあります。

さあ,これであと何年使えるかな。

PCリニューアル その1

自宅のPCをリニューアル。
デスクトップPC,組んだのはおそらく2007年頃。その後,SSD化したりはしているものの,あまりの遅さにほとんど使わなくなってしまっていたので,リニューアルすることに。
自作PCにも関わらず,前の状態が古すぎて,流用できるのが

  • 筐体(ケース)
  • 電源(結局,これは使えなかったのだけど)
  • DVDドライブ
  • SSD / HDD(補助的に)
のみという状態。まあ,それでも新しく買うよりは安いというのと,BTOとかだと自分にちょうどいい構成っていうのが見つからず,また自作することに。
なんか,BTOだと,CPUがSkylakeで割と安く売っているのはH110チップセットを積んだもの。H110は廉価版なので,H170チップセットのが欲しいんだけど,なかなか見つからない。ゲーミングPCとかでZ170チップセットを使ったものはあるんだけど高すぎ。オーバークロックするわけじゃないので,Z170はいらない。あと,ストレージもM.2インターフェースのPCI Express SSDが欲しいんだけど,これがあまりないかやっぱり高い。

というわけで,最終的に

  • CPU : Core i5 6500
  • M/B : GIGABYTE GA-H170-HD3
  • Video : 玄人志向 GALAX GF-GTX950-E2GB/OC
  • SSD : SAMSUNG SSD 950 PRO MZ-V5P256B/CS
という構成でいくことに。ちなみに,メモリは8GB。控えめです。
あと,モニタも今まで16インチという微妙なサイズのものを使っていて,これもあまりに狭いので,LGのLG 22MP57VQ-Pを購入。あとは,キーボードとマウスも購入。マウスはいつものLogicool M546でキーボードもLogicool K270。ワイヤレス\(^o^)/!

というわけで,今日の午後,大須のツクモさんに取りにいって,いざリニューアル開始!
とりあえず,旧PCを解体するところから。
旧PCの中身
何か,やたらごついCPUファンがついていますが,純正CPUファンのうるささに耐えかねて替えたもの。
マザーやらビデオボードを取り外し
メモリも,1GB×4枚ということで,時代を感じます。あと,謎のPCIボードはIEEE1394のI/F。といっても,使っていなかったので,コネクタはほこりで埋まっていました。
ただ,ケース内はかなりきれいな状態。PCを置いていた部屋自体,あまり使っていなかったので,ほこりも少なかったもようです。

一通りばらしたので,新しいパーツを組み込み。まずはマザーボード。
同じATXですが,前のよりも一回り小さい感じ。
続いて,今回の目玉,PCI ExpressのSSD。
OSやらアプリケーション用のCドライブに使うつもりなので,まあ256GBでいいでしょう。それにしても,省スペースでいいね。
いざ,CPU。
箱は大きいけど,ほとんどはヒートシンクとファン。本体はこんな感じ。
最初PCを組み始めた頃は,CPUをソケットに差すとき,足を曲げないかすごく緊張したけど,今どきは乗せるだけだから簡単簡単。
きれいに収まりました。
ファンもつけて,メモリも差して。続いてビデオボード。
GALAX GF-GTX950-E2GB/OC
nVidiaのGeForce GTX950のものにしました。とりあえず,最近のゲームをする予定はないのですが,やっぱり自作としてはオンボードビデオではつまらない。あと,古いけどFS Xとかもしたいので。

ここまでで一通り基本パーツは組めたので,電源をつないでと思ったら,ATXの24pinコネクタは大丈夫だったけど,マザー上に見慣れない8pinコネクタが。電源からはそんなケーブル出ていない。ATX 12Vと書いてあるが,電源から出ているのは4pinのもの。調べてみると,いつの頃からかCPU用ATX 12V電源は4pinから8pinに変わっていると。まあ,電源もかなり古い(10年くらい?)し,変換コネクタを買うにしてももう一度大須まで行かないといけないのには変わらないので,電源を交換することに。大須まで一往復,約1時間のロス。
で,買ってきました。650W。良し悪しはよくわからないので,まあ,普通の値段の(安い)もの。容量も前より増えました。まあ,ドライブ類SSD2台とHDD2台,DVD1台があるので,余裕があった方がいいねということで。
完成!
というわけで,ようやく完成。さあ,OS(Windows 10 Home)をインストールしましょう!

となったのですが,OSメディアをDVDドライブに入れてもブートしてくれない。メディアの異常?というのも疑って,古いWindows 7のメディアを入れてみたけど,それもブートせず。そういえば,ノートPC用のUSB DVDドライブがあるのを思いだし,それを使ってみると,無事起動。どうも,DVDドライブも古すぎて,UEFIに対応していないためブートできなかった?まあ,OSのインストールの時は外付けを使えばいいということで。
まあ,OSのインストールは,特にトラブルもなく,無線LANも簡単につながって,ログオンもMicrosoftアカウントで簡単。

肝心の,新しいPCの快適さは次で。

2016年2月28日日曜日

PC組むぞ!

というわけで,何年ぶりかわからないけど,自宅のデスクトップPCを組み直すことにしました。
今のは,Athlon 64 X2で,おそらく2007年頃に組んだもの。その後,HDD→SSD化はしてあるけど,基本的にはいじらず。当然,すでに相当遅い。おまけに,モニタは16インチ。ノートPCか!

で,これを家族共用のPCにするということで,リビングに移動して,さすがに遅すぎる中身を最新にリニューアルする予定。設置用の机は発注済で,今週半ばには届きそう。パーツ類は,今度の終末に取りに行くつもりで,お店には取り置きをお願い済。

今回の目玉は,SSDをM.2接続のPCI Expressのものにすることかな。個人的に,データ類はそれほど速度を要求しないので,写真とかは従来から使っているHDDをそのまま使うけど,OSやアプリ類は高速なSSDに。今のところ,

  • Cドライブ:新しいPCI ExpressのSSD
  • Dドライブ:今使っているSATAのSSD
  • Eドライブ:データ用のHDD
にする予定。あと,ビデオボードも当然新調。あえてオンボードのIntelチップではなく,GeForce GTX950チップのボードを積む予定。最新のゲームをする予定はないけど,FS Xとかもあるし,PhotoshopもGPUアクセラレーションがあるし。

いや,楽しみ。(まだ1週間先だけど)

2016年2月27日土曜日

SCRATCH

教育用・子供用のプログラム環境のSCRATCHを試してみた。
SCRATCHは,MITで作られた子供向けのプログラム学習環境で,文法などを意識せずに,コンピュータプログラムの考え方を学習できるというもの。環境自体は,Flashで作られているので,要PC。

そろそろ,子供たちにもプログラムに触れてもらえればと思っていたのだけど,その前に自分も使ってみないとということで。

ちょっと古いけど,http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20111019/371080/の記事を読んで,大まかな考え方をつかんでからお試し。

とりあえず,ざっくり試してみたところ,子供向けとはいえ,プログラミングの考え方はしっかり入っている。変数やくり返し,条件分岐など。
基本は,メッセージベースのオブジェクト指向プログラミング。SCRATCHでのオブジェクトは,「スプライト」と呼ばれる画像オブジェクト。要は,絵に対して,メッセージを送って,それに応じた動作をさせる。単純だけど,スプライトは並行して動くし,意外と奥が深い。

とりあえず,シュートゲームを作ってみた。(絵や音の素材は,SCRATCH組み込みのもの)

https://scratch.mit.edu/projects/99503253/
フラッグをクリックすると,恐竜がランダムに歩き始める。(この恐竜がおじゃま虫)
緑のボタンをクリックすると,ネコがボールをキックする。
恐竜にじゃまされずに,左の壁にボールを当てられればゴール!

とりあえず,年中の息子は,楽しく遊んでいた。
ちょっと漢字が多いので,年中さんが自分で作るのはちょっと大変かも。2年生の娘なら,いけるんじゃないかと思う。